• ホーム
  • 外壁タイルの工法や材質の違いとは?知って得しよう

外壁タイルの工法や材質の違いとは?知って得しよう

笑顔の管理画面とスーツを着ている男性

外壁の素材にはモルタルばりや、サイディング材などで仕上げる方法もありますが、堅牢さやメンテナンスのやりやすさでオススメできるのは、外壁タイル工法になります。どれほどのコストをかけて、マイホームに適合した外壁を長持ちさせることができるかを、判断するには工法や材質の違いを確認することが必要です。それぞれの工法の特徴や、タイルの種類や材質などについて基本的な事項を抑えておきましょう。

まず外壁タイルの施工法には、大きくわけると湿式工法と乾式工法があります。湿式工法とは、下地にモルタルを使用して一枚ずつ、貼り付けていく施工法になります。なかには複数がシート状に加工されている場合もありますが、基本的に職人の手で張り付けられていくスタイルには変わりはありません。工法にはさらにいくつかの方法論はありますが、耐久性や見た目の仕上がりなどは職人の力量や技術に左右される部分が多く、仕上がりが必ずしも安定しないのは注意事項です。

これに対して乾式工法とは、ベースにサイディングを貼り付けてその上に接着剤を塗布して、外壁タイルを貼り付けてゆくことになります。以前は接着剤の品質に問題があり、剥離や剝落などが頻発しましたが、最近では技術革新のおかげで性能が格段に改善されています。材質によっては耐震性に優れ大地震にも耐えるレベルもあるほどです。

ところでタイルには材質には違いがあります。どれほど長期間、もつかいなかは材質選びも大事。材質の点に注目すると、主にせっ器質と磁器質・陶器質の3種類代表的です。タイルはそれぞれの材質の土類を焼き上げて製造されますが、その焼成温度に応じて異なる特徴を持ちます。陶器質とは、焼成温度が1000度以下で吸水率が50%以下の特性をもっているので、屋内の壁面などに利用されますが、外壁には強度不足です。そこで外壁に使用されるのが多いのは、せっ器質と磁器質になります。

せっ器質とは、焼成温度は1200度ほどで吸水率は10%程度です。これに対して磁器質とは、焼成温度は1250度ほどで吸水率は3%以下の特性をもっています。両者を比較すると見た目では、せっ器質が優れています。落ちついた見た目で自然に周囲の風景に溶け込みやすいからです。しかし吸水率がやや高めなので雨水が浸透しやすく劣化スピードが早めなのがデメリット。磁器質は吸水率が非常に低いので耐久性に優れますが、見た目がテカテカするのがデメリットと言えます。

関連記事
家を建てた後のランニングコストはどのくらいかかる? 2019年09月01日

賃貸物件では家賃や入居時の敷金・礼金などに加えて、地方によっては二年ごとの契約更新料の徴収を請求されるなど、なにかと現金を支払うコストに直面しているものです。しかし一戸建て住宅などの我が家を体に入れても別の形でランニングコストが必要になってきます。持ち家のコストで代表的なコストには、設備の交換や外壁...

家づくりでオススメの間取りを紹介!参考にして良い家づくりをしよう 2019年08月17日

家作りにおいて快適で使い勝手のいい日常生活を送るために大事なのは、間取りなのは言うまでもありません。自分たち家族のライフスタイルや希望や条件を盛り込んで設計したつもりでも、いざ完成後に入居を始めてみると想定外の不都合が発覚することも珍しくありません。一度戸建て住宅が完成してしまうと、間取りを後日変更...

ハウスメーカー3社を比較してみた!家を建てるならどこがオススメ? 2019年07月09日

ハウスメーカーに依頼することの利点は、ブランドならではの信頼や技術力の高さにあるといっていいでしょう。知名度の高いハウスメーカーも数多いことから、どこをポイントを比較して選べば間違いがないのか、戸惑う向きも多いのではないでしょうか。そこでおなじみのハウスメーカーの三社をピックアップして、特徴や坪単価...

家を建てるときの土地選びのポイントを大解説! 2019年06月24日

一軒家を建築する場合、土地の敷地とその上の空間を自由に利用できるとは限りません。理想のマイホームを実現したいとは言うものの、行政法規上の制限を受けて妥協を余儀なくされる場合があります。自分が土地や家のオーナーになる以上は、好きなようにデザインも間取りも決めることが出来そうなものですが、誰もが自由気ま...

家を建てるまでの流れを分かりやすく紹介!! 2019年06月10日

自前の土地も用意していないなら、土地を探すことからはじめなければなりません。土地を探すとなると不動産会社に依頼して、予算の範囲内で物件探しから着手することになります。ところが土地を購入するにも高額のお金が必要です。頭金程度は工面できても、それだけで土地の購入代金を賄うことは困難なので、銀行などの金融...